「翻訳」と「通訳」の違いを知っていますか?

同じ英語に関わる仕事のため、意味の違いがわからない人もいるかもしれません。

翻訳とは、英語の文章を、読み手に合わせて、わかりやすく、伝わりやすい日本語に直すことを指します。
通訳とは、外国人が話す英語を聞き取り、その場で、聞き手にわかりやすく、伝わりやすい日本語に直すことを差します。

どちらも、英語を使って仕事をする人には、とても大切な能力です。

海外留学経験のある人や、外国で生活をしていた人、大学や専門学校で英語を専門的に行っていた人が、翻訳や通訳の仕事をすることがあります。

翻訳を行うには、英語の語彙力や文法を読み解く能力が必要となります。
また、翻訳した文章を読む読み手である日本人にとって、わかりやすい日本語に変換する、日本語の語彙力や表現力も必要となります。

通訳の場合は、リアルタイムで外国人の英語を日本語に変換して表現するため、英語を聞き取るヒアリング能力が必要になります。
頭の回転や、相手が次に何を話すかということを考える先を読む能力、日本語の表現能力が必要になります。

料金をもらってプロとして、翻訳や通訳を行う人にとっては、これらの能力やスキルを取得し、磨くことは、欠かせません。

翻訳や通訳は、企業によって料金も異なりますが、人によっても料金が異なります。
経験や能力の高いベテランの人にお願いするとなった場合、料金が高くなることもあります。
それは、その人の仕事能力が高いため、それに比例して料金が高くなります。これは、市場の経済の原理からすると、当然のことでもあります。

企業や組織、団体に属することなく、個人でフリーランスとして、翻訳や通訳を行っている人も、中にはいます。
そのような人に仕事を依頼する場合も、同じように人によって料金が異なってきます。